MLTD Unit Optimizer v2

ミリシタ最適(理想)ユニット編成機。所持アイドルと編成方針を入力することで楽曲に適した編成を出力します。

ブラウザのjavascript設定を有効にしてください。PC環境推奨


自動表示しない

情報入力欄    (使い方)

楽曲属性: PrFaAnAll
固定・除外アイドル設定:
固定アイドル設定:

FREE」ボタンを押すとポップアップリストが表示されます。設定したアイドルは、探索時に編成に固定されます。
基本は空欄のままで構いません。
設定することで、探索時間を短縮することができます。

除外アイドル設定:

Exclusion」ボタンを押すとポップアップリストが表示されます。設定したアイドルは、探索時に編成から除外されます。
基本は空欄のままで構いません。
設定することで、探索時間を短縮することができます。


編成対象
編成対象:

編成対象とする「レアリティ」と「スキル種」と「カード種」を設定します。 対象はセンターを含むユニット5枠です。
同一項目内は「OR」、項目間は「AND」として処理されます。

※下にある「スキルの個数指定」設定ともAND接続ですので、ご注意ください。
ここでダブルブーストの✔︎を外しているにも関わらず、ダブルブースト個数の最小値を1以上に設定するなど


センターオプション
センターオプション:

センターアイドルの選抜設定です。
通常は、センタースキルの対象ステータス(Vo・Vi・Da)が指定と一致するアイドル全てを候補とします。

・SSRカードのみ

この項目にチェックを加えるとセンターアイドル候補のレアリティをSSRのみに絞ります。
基本は✔︎をつけたままにしてください。
SSR枚数が非常に少ない場合のみ、✔︎を外してください。

・センター効果倍率が最大のカードのみ

この項目にチェックを加えるとセンター効果倍率が最大のカードのみを候補とします。
FES限定アイドルなど倍率95%のアイドルを所持している場合、余計なユニットの生成を抑制することができ、探索時間を短縮することができます。


ユニットオプション
ユニットオプション:

センターを除く4枠のアイドル選抜設定です。

・第○特化が指定と一致するアイドルを含める

Vo・Vi・Daステータスの序列番号を「第○特化」と表記しています。

たとえば、上記ステータスの場合、第一特化:Da、第二特化:Vi、第三特化:Voとなります。
これら項目に✔︎を加えることで、たとえば「Voユニットの探索時にVo値が一番高いアイドルだけで編成を組み立て」探索を行うことができます。
編成対象を強く絞る効果があるため、探索時間の短縮に大きく影響します。

最適ユニットは、「総アピール値」と「スキル組み合わせ」のバランスが要となりますので、十分にSSRカードを所持していても 限定SSRアイドル(コンボボーナススキルなど)が少ない場合には、 3つ全てに✔︎を加えることをお勧めします。

・バランス型アイドルを除く

ステータス3値の偏りはカードによって大きく異なります。ここでは、Vo・Vi・Daステータスの偏りが小さい場合を「バランス型」と表記しています。
偏りの大きさは、各値の差の絶対値を基準に以下のように定義しています。
\[ max(|Vo-Da|, |Da-Vi|, |Vi-Vo|) < threshold \ value \]

※|X|はXの絶対値、max(X, Y, Z)はX, Y, Zのうちの最大値を表します

閾値(threshold value)は、任意に設定可能です。
潤沢にSSRを所持している場合には✔︎を加えることをお勧めします。


スキルの個数指定
スキルの個数指定:

編成するユニットのスキルバランスの設定です。
余計な編成を抑制することができ、探索時間を短縮することができます。
対象はセンターを含むユニット5枠です。

ある程度カードを所持している場合には、スコア・コンボボーナスを2〜3、ダブルブーストを0〜1に設定することをお勧めします。

※上にある「編成対象」設定とAND接続ですので、ご注意ください。

ここでダブルブースト個数の最小値を1以上に設定しているにも関わらず、ダブルブーストの✔︎を外すなど


カットオフ
カットオフ:

スコア計算を行う前に構築したユニットを間引く設定です。 余計なユニットのスコア計算を省くことで、探索時間を短縮することができます。

・アピール値差によるカットオフ

最大アピール値を示したユニットから指定値以上アピール値が低いユニットのスコア計算をスキップします
通常は15000に設定してあります。
ダブルブーストスキルを含むユニットは、アピール値に対してスコア最大値が高くなる傾向があるため、巻き返しを考慮して多めに設定してあります。 値を小さくすることで、探索時間を短縮することができます。

・ユニット数によるカットオフ

アピール値順で指定番目以降のユニットのスコア計算をスキップします
上記同様、巻き返しを考慮して多めに設定してあります。 値を小さくすることで、探索時間を短縮することができます。


:特化ステータス
:ユニット属性
:ライブ形式
:ソート順序


オプション

総探索数:344757

HOMEへ戻る


@megmeg_work
since 2018/01/17